過去のトピック
陸自オスプレイの木更津駐屯地「暫定配備」中止を申し入れ(2018/03/29)
 陸上自衛隊が2018年度に導入する垂直離着陸機オスプレイ5機を木更津駐屯地に暫定配備する方向で最終調整に入ったと報じられた問題で、日本共産党千葉県議団(5人)は29日、森田健作知事あてに緊急申し入れを行いました。
 同駐屯地では、米軍オスプレイの定期整備が行われており、今後は陸自オスプレイの定期整備も担う予定です。防衛省は、当初、陸自が導入するオスプレイ17機は、2021年度までに佐賀空港に順次配備する計画でしたが、現地漁協などの強い反対や、今年2月に目達原駐屯地(佐賀県吉野ケ里町)の陸自AH64D戦闘ヘリコプターが民家に墜落したことなどから現地の反発が強まり、同空港への配備計画は難航し、見通しが立っていません。
 今回の報道を受けて、木更津市長は「大変遺憾で不快、(整備と配備では)次元が違う話、佐賀が駄目だから木更津という理屈もおかしい」と述べたと伝えられています。
 申し入れでは「陸自導入のオスプレイまでもが配備されれば、同駐屯地は、日・米オスプレイの一大拠点となる。県民は、これまでにない事故の危険や騒音被害にさらされる」と指摘。国に対して、▽陸自オスプレイの木更津への「暫定配備」中止を求めること。▽米海兵隊オスプレイの撤去を求め、自衛隊オスプレイの運用中止を要求することの二点を申し入れました。
 応対した県総合企画部政策企画課長は「北関東防衛局に確認したが、木更津駐屯地への暫定配備が決まった事実はないとの回答だった。事実に基づかない情報が報道されるような事態は、地元住民の不安を招くものであり、極めて遺憾。しっかりした対応を要請した。木更津市長と同じ思いだ」と述べました。
 小野寺防衛相は「一時的な措置(暫定配備)は様々な選択肢を検討している」(27日会見)と述べており、参加者は「木更津への暫定配備は否定していない。一時的な措置の期間も極めて不確実であり、県には、今回の重大な事態を直視した厳しい対応が求められている」と強調しました。
 さらに、28日の会見で、仮に配備された場合の対応を聞かれた知事が「想定は差し控えたい。国に守ってくれという以上は、私たちも協力しなければいけない」と述べていることをとりあげ、「配備容認と受け取られても仕方ない発言だ」と厳しく指摘しました。